スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製麹に使う道具
麹屋さんで見た道具です。

へら。これで、蒸米を広げたり、混ぜたりします。先の方が薄くなっています。
へら

かまど。手前が米を蒸す釜で、奥が醤油麹の小麦を炒るところ(今は使っていない)です。手前の下に焚口があり薪を入れて燃やします。釜の上に、桶の下に穴を開けた甑を置きます。
かまど

桶。蒸米を甑から取り出すときに使います。持ち手が特徴的です。
おけ

枡。麹蓋に盛るときに使います。1枚に1杯ちょっと入れます。
ます

麹蓋。ガムテープは補修跡。酒屋さんが親戚でそちらのものを使っているそうです。
ふた

麹蓋の裏。酒用の麹蓋なので、下に下駄が履かせてあります。
ふたの裏
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。